一戸建・集合住宅・施設のテレビ工事、トラブル

                          は当社におまかせ下さい。

 テレビ受信設備

トップページ テレビ受信設備 防犯カメラ 宅内LAN配線 樹脂二重窓パネル 感震ブレーカー
 
テレビ設備の設計、施工、トラブル対応まで全般的に承ります。 〜なんでもご相談下さい。
 

  4K8Kテレビ受信設備工事

2018年12月よりBS放送、110度CS放送にて4K・8K実用放送が開始されました。
4Kは現行ハイビジョンの4倍、8Kは16倍の画素数でより臨場感のある映像が楽しめます。
また、画像が1秒間に最大120コマ表示可能となり、動きが速いスポーツ映像もぼやけずに
なめらかな映像を楽しめたり、HDR技術により現実に近い明るさの表現が可能となります。
4K対応テレビを購入したけれど、4K放送を視聴するにはどうしたらよいの?
8K放送はどうすれば視聴できるの?など技術的に分かりにくいことだらけ。
お客様のお悩みを1級CATV技術者が適切な4K8K視聴方法を提案致します。
     2K放送(現行ハイビジョン)と4K/8K放送比較表                        
画素数コマ数/秒多階調表現
 2K放送 約200万画素30コマ/秒約1600万階調
 4K放送 約800万画素最大120コマ/秒約10億階調
 8K放送 約3300万画素最大120コマ/秒約10億階調

 

 4K8K改修工事に要する経費の一部を助成する助成金制度があります

4K8K衛星放送(左旋円偏波)では新たな中間周波数帯が利用されていますが、この電波が漏えいし既存の無線サービス等(無線LAN等)と
干渉することが懸念されています。
干渉を防止するためには、シールド性が高い機器及び工法による改修工事が必要になります。
総務省の衛星放送用受信環境整備事業の一環として(一社)放送サービス高度化推進協会が中間周波数漏洩対策事業を実施しております。
中間周波数漏洩対策事業では、電波漏えいが予測される技術基準不適合機器から技術基準適合機器に交換改修した費用の一部を助成
しております。
当社はこの中間周波数漏洩対策事業の登録業者ですので、助成金の申請から改修工事までなんでもご相談下さい。
助成金詳細はA−PABのHPで

Copyright © 2017 SkytechnoService Co.Ltd All rights reserved.