自宅のインターネット通信が安定しない、速度が遅い

セキュリティーが心配、そんな時には


宅内LAN配線 


トップページ テレビ受信設備 防犯カメラ 宅内LAN配線 樹脂二重窓パネル 感震ブレーカー
 
インターネットの進化が止まらない。
光ファイバ網の伸びが大きく、インターネットのブロードバンド(高速通信)利用者が増加しています。
最近、「IoT」という言葉をよく聞きますが、Internet of Thingsの頭文字で「モノのインターネット」という意味です。
すべての物がインターネットにつながることを表し、例としては家庭では照明や洗濯機、エアコン等が外出先からコントロールできたり状態を確認
できる便利な生活が実現出来る半面、セキュリティー対策の強化も必要になるでしょう。
しかし、インターネットはすでに無くてはならない存在であり、今後も進化を続けると考えます。
ここで、一般家庭に目を向けてみると、各部屋にインターネットの入口にあたるLAN用モジュラコンセントが電気コンセントのように設置されている
お宅はまだまだ少ないのです。
LANとはLocal Area Networkの頭文字をとった言葉で、複数のパソコンなどを同時にインターネットに接続するネットワークの仕組みです。
オフィスなどでは一般的にLAN配線が構築されていますが、一般住宅でこのLAN配線を構築することを宅内LAN配線と申します。
無線LANであれば、物理的なLANモジュラコンセントは必要ありませんが、通信が安定しなかったり、速度が有線LANと比べて遅かったり
電波の盗聴や不正アクセスなどのセキュリーティー面でも心配があります。
お家の新築時やリフォーム時に合わせて宅内LAN配線工事を行うのがベストです。
宅内LAN導入をご希望の方は、当社までお気軽にご相談下さい。

宅内LAN配線のメリット〜有線だからこそ安心確実
@通信が確実  Aスピードが速い  Bセキュリティー的に安心
 

  宅内LANパネル

右の画像はパナソニック製1ギガ通信対応の宅内LANパネルです。
光ファイバの1ギガ接続サービスに対応する高性能スイッチングHUBを内蔵しており
より高解像度の動画コンテンツなども快適に楽しめます。
インターネットも電話もこのパネルから各部屋に配線するだけで簡単に宅内LAN設備
が構築できます。
右画像の宅内LANパネル(WTJ5545K)の場合
宅内LANは7ヶ所、電話(アナログ回線)は8ヶ所まで配線が可能です。
IP電話や光電話の利用もできます。
パネルの外形寸法は縦215mm横280mm奥行45mmとコンパクトサイズですので
収納戸やクローゼット内にスッキリ設置できます。

※パネル本体近くにモデム・ルーター等の機器を置く棚が必要です。
※宅内LANパネルには用途に応じて多種ございますので詳しくはパナソニックHPで

パナソニック宅内LANパネル(1ギガ・光コンセント付)WTJ5545K
メーカー希望小売価格 41,500円(税別) 設置工事費別途

 

  マルチメディアコンセント

マルチメディアコンセントとは各部屋でインターネット、テレビ、電話を利用する
ための一体型コンセントです。

電気・通信・テレビの配線がまとめてできるので、各種ケーブルが目立ちません。

右画像はパナソニック製マルチメディアコンセント(WTF34363W)です。
アースターミナル付接地コンセント×2
高シールド4K8K対応型テレビ端子×1
LAN用モジュラコンセント×1
電話用モジュラコンセント×1

※マルチメディアコンセントは用途に応じて多種ございますので詳しくはパナソニックHPで

パナソニック コスモシリーズワイド21マルチメディアコンセントWTF34363W
メーカー希望小売価格 4,780円(税別) 設置工事費別途

Copyright © 2017 SkytechnoService Co.Ltd All rights reserved.